HOME > 会社情報 > 会社概要 > 沿革

印刷する

沿革

1948(昭和23)年 7月
とうもろこしを湿式法によって処理するわが国で最初の事業を行うため、日本穀産化工株式会社(資本金1千万円)を設立し、本店を東京都千代田区に、工場を愛知県半田市に置いて発足
1949(昭和24)年 5月
社名を日本食品化工株式会社と改称
1950(昭和25)年 3月
半田工場(愛知県半田市)の操業を開始
1951(昭和26)年 1月
名古屋支店(現 名古屋営業所)を開設
1952(昭和27)年 6月
大阪支店(現 大阪営業所)を開設
1961(昭和36)年 7月
三菱商事株式会社と販売総代理店契約を締結
  10月
東京、名古屋各証券取引所市場第二部に株式を上場
1965(昭和40)年 3月
静岡県富士市に富士工場を新設
1972(昭和47)年 6月
松谷糖化株式会社の営業の全部を譲り受け、糖化品部門に進出
1982(昭和57)年 7月
ファインケミカル部門に進出
1987(昭和62)年 9月
タイ国に三菱商事株式会社との合弁会社Asia Modified Starch Co., Ltd. (AMSCO社)を設立
1989(平成元)年 4月
岡山県倉敷市に水島工場を新設
1994(平成6)年 4月
水島工場にコーンスターチ製造設備を新設
  9月
半田工場の操業を停止
1996(平成8)年 7月
本店を東京都渋谷区に移転
2002(平成14)年 8月
参松工業株式会社、三和澱粉工業株式会社との間で業務提携契約を締結
2003(平成15)年 2月
名古屋証券取引所の株式上場を廃止
  4月
ISO14001認証取得
2004(平成16)年 5月
福岡県福岡市に九州事業所を開設
2007(平成19)年 6月
三菱商事株式会社が株式公開買付けにより、当社の親会社となる
2008(平成20)年 1月
加藤化学株式会社と業務提携契約を締結
2010(平成22)年 6月
本店を東京都千代田区に移転
2012(平成24)年 1月
FSSC22000認証取得
  7月
九州事業所を閉鎖、九州支店(現 福岡営業所)を開設