HOME > 採用情報 > 先輩メッセージ > 技術部 技術開発課 鈴木 敦士(2010年入社)

印刷する

先輩メッセージ

工場の生産機能は、多くの人の協力で形作られる

鈴木 敦士(2010年入社)大学院工学研究科 修了 技術部 技術開発課

工場のエンジニアリング業務

鈴木 敦士(2010年入社)
大学院工学研究科 修了
技術部 技術開発課

現在の仕事内容

静岡県にある富士工場の工程改善及び新規工事に携わっています。3年目から本格的に工事の担当者となり、現場の要望を汲み上げ、必要な機器や部品のメーカーに問い合わせ、工事を発注し、据付後の動作確認をするという一連の流れを、責任を持って見ています。最近は「酵素等の副資材の削減の検討」「配管工事や工程の運用方法の検討」などをテーマにした改善を行っていきました。

この会社に決めた理由

大学院では抗酸化作用を活用した食用油の再利用法の検討などを学んでいました。バックボーンは化学なのですが、しかし就活ではあえて工場のラインにかかわる技術職を志望しました。ラボにこもって研究するのではなく、多くの人と話をしてモノ作りしていきたいと思うようになったのがその理由。最終的に日本食品化工にしたのは食に関して幅広いジャンルを手がけていることに興味を持ったからです。コーンスターチを糖化させて製品を作る際には酵素を用いるのですが、その部分に関しては大学院で学んだ化学の領域が生かせるのも決め手となりました。

新人時代の思い出

2年目からは工場内の改善に取り組むようになったのですが、最初にちょっとした配管工事を担当しました。自分で設計書を書いて、協力会社に発注し工事を進めていって、何とか工事をうまく完結させたつもりになっていました。しかし、後になってから、その場所に配管があると将来の増強等で問題が生じることがわかったんです。振り返れば現場の「こんなふうにして」と言われたことをそのまま形にしていただけでした。もっと視野を広くして様々な可能性を想定すること、思考を止めないことの大切さを学びました。

仕事の中で心がけていること

ライン工事という仕事は、人とのかかわりなしにできるものでありません。技術部の視点での正解が、他職種からは不正解であることも多々あるだけに、色々な立場を融合して考えるのが大切なのだと思い知らされています。物事がうまく進まないときには、多様な立場の意見に耳を澄ませるように心がけています。幸いにも技術に対して情熱を注いでいる人たちが周囲にはたくさんいますから、臆せずに人の輪の中に入り込んでいけば、どこかに根本的な解決のアイディアを持つ“先生”に突き当たります。

今後の目標

苦労をしながら形にした設備が動いたとき、そして求めるモノが適切に生産できたときは、やはり達成感が大きいですね。専門外だったプラントエンジニアリングの道を進んで本当によかったと思う瞬間です。また、自分が担当した工事を行った後も、トラブルが起きずに稼働している様子を見られるのもやりがいにつながっています。